2017年5月8日月曜日

「レンタルできる?できない?」カレンダーの見方


レンタル状況カレンダーの見方について、詳しくご説明いたします。


カレンダーとは?

各商品ページの一番下にカレンダーがあります。
それを見れば、レンタル状況が分かります。

例えば
「これ借りようかな?」
と思った商品のカレンダーをチェックしたら、こんな感じだったとします。



こちらをご覧くださいませ  
(9日がオレンジになっているのは無視して下さい)

この場合、到着希望日を17日(木)には出来ません。
「レンタル中」のバーが17日までだからです。



受取り日はいつから指定できる?


上記のカレンダーで、18日(金)を受取り日に指定できるでしょうか?
「レンタル中」となっていないので、大丈夫?


答えは・・・

100%不可ではないが、不可になる可能性大


その理由をご説明します。

実はこれ、「1月12日~15日」の3泊4日のレンタルのカレンダーだったのです。

もうちょっと詳しく言うと、北海道・九州・沖縄以外在住のお客様です。


(通常、当日発送・翌日着だからです。北海道・九州・沖縄在住の方の場合は中1日かかりますので、期間がもう少し長くなります)


このスケジュールの場合、15日がご返却手続きの日なのですが、15日は15日でも夜の手続きの場合16日扱い17日着になったり、もしくは特殊ドレスで当日クリーニングが出来ず日数がかかったりということがないとは限りません。

そのため、18日(金)を受取り日に出来ない可能性もあり、となります。


北海道・九州・沖縄在住の方の場合、翌日着が指定できないので100%不可となってしまいます。

まとめ


カレンダーで「レンタル中」となっている期間の真隣の日にちではなく、最低1日あけたほうが受取り日指定に出来る可能性が高まります。

もしどうしても借りたい!ダメ元で!!という場合は、お問い合わせ下さいね。

1 件のコメント:

 

Template by BloggerCandy.com | Header Image by Freepik